今までリハビリの本の内容しか知らなかった私には衝撃でした。そのアプローチをもっとしっかり学んで行くことは自分の将来にとても重要なことだと思い参加しました。

 

<名前>

松下 将貴

 

<職業・肩書>

クリニック勤務

 

<資格>

柔道整復師

 

<経歴・活動内容>

クリニックでのリハビリ、運動指導

 

Q1.PHIピラティス養成コースに参加しようと思ったきっかけを教えてください

⇒最初にピラティスに興味を持ったのは大岩さんが行っていた勉強会に参加してからです。

膝の痛みを抱えている患者さんの対するリハビリで、徒手と膝自体へのアプローチをしてもどうしても改善がみられない方を多く抱えていました。

足部と股関節、体幹部からの連動性、エラーのない動きがいかに大切かを学ばせていただきました。

今までリハビリの本の内容しか知らなかった私には衝撃でした。そのアプローチをもっとしっかり学んで行くことは自分の将来にとても重要なことだと思い参加しました。

 

Q2.実際に受講してみての感想や、養成コースで学んだ内容で実際の現場で活用出来た事などを教えてください

⇒とてもポジティブシンキングな雰囲気です。

わからないことがあってもその場で答えとそれに対するアプローチが帰ってきます。

参加されるかたもわからないことがあれば是非その場で聞いてみてください!

素晴らしいディスカッションが始まりますよ!

 

 

Q3.これから初参加する人に講師の紹介をするとしたら、大岩俊貴とはどのような人物でしょうか?

⇒勉強会で大岩さんに会って最初の感想は「ほんとにこの人すごいな~」です。

こんなに全身を細かく評価できる人を今までみたことありませんでした。

この人の元でピラティスを学べたら、これは間違いないなって思える人です。

 

Q4.PHIピラティスの養成コースはどんな人が受講するのがおすすめでしょうか?

⇒運動指導が必要だと思っているセラピストにおすすめです。

PHIはエクササイズと細かい修正や応用が体系化されていて、ほとんどの患者にも対応させることが出来ます。

それに自分の勉強してきたことを会わせればアプローチの幅が一気に広がります。

自分はピラティスを通じて学んだことを徒手にも応用しています。

そんなことも出来ちゃいます。

 

©2020 Masterpiece Body Room

ユーザーの資格情報を使用してログイン

あなたの詳細を忘れましたか?