難解に思われることでも細分化して簡単に説明をしてくれるのでセミナー後は頭がすっきりします。

 

<名前>

玉田 鷹士

 

<職業・肩書>

パーソナルトレーナー

ジョイ・ムーブメント 代表

 

<資格>

PHIピラティスMAT Ⅰ&Ⅱ

健康運動指導者

介護予防指導員

 

<経歴・活動内容>

パーソナルトレーニング 機能改善/パフォーマンス向上

名古屋リゾート&スポーツ専門学校 非常勤講師

スポーツクラブインストラクター

高齢者のシニアクラブ講師

中日文化センター 体幹教室講師

三河歯科衛生専門学校 非常勤講師

 

<HP、ブログなどのURLがあれば>

Facebook:https://www.facebook.com/tamadatakashi

 

Q1.PHIピラティス養成コースに参加しようと思ったきっかけを教えてください

⇒4.5年前にピラティスを学び、指導に活用している中。徐々に自己流になってしまい。

基礎から学び直そうと思ったこと。そして講師の大岩先生から運動指導に活かすことの

できる内容を学びたかったからです。

 

 

Q2.実際に受講してみての感想や、養成コースで学んだ内容で実際の現場で活用出来た事などを教えてください

⇒各体位での基本姿勢の重要さを知れたことがとても大きいです。今まで仰向け指導の際に顎が上がったり、肩の挙上や前傾が起こりやすかったのですが。基本姿勢を正したところ8割の方々に変化が現れました。そして今までできなかったロールアップを実施できるようになりました。

 

 

Q3.これから初参加する人に講師の紹介をするとしたら、大岩俊貴とはどのような人物でしょうか?

⇒例え話がとても上手いです。

難解に思われることでも細分化して簡単に説明をしてくれるのでセミナー後は頭がすっきりします。(覚えることはたくさんありますが。笑)

 

 

Q4.PHIピラティスの養成コースはどんな人が受講するのがおすすめでしょうか?

⇒ただピラティスの指導をしたいだけなら他の団体でも良いかと思いますが。

各種目ごとの目的・代償動作・実施方法など、実際に現場レベルで必要な知識・スキルを身に付け、活用出る状態まで学びたい方はPHIにて学ぶことをお勧めします。

©2019 Masterpiece Body Room

ユーザーの資格情報を使用してログイン

あなたの詳細を忘れましたか?