目的に沿った方法で行ってもらえるよう調整するようになりました

杉山優子様 20代

 

<職業・肩書>訪問リハビリ

<資格>理学療法士

Q1.一番最初に勉強会に参加しようと思った経緯、きっかけを教えてください

その時はリハに関する勉強に対して意欲も向上心も無く
勉強会に参加することも無くなっていた時でした^^;
その時に転職が決まりこのままじゃマズイと焦り
自分の休みの日に勉強会があったらとにかく行こうと思ってセミナー検索したのがきっかけです。

 

Q2.勉強会に参加する前はどんなことにお悩みでしたか?もしくはどんな事を学びたかったでしょうか?

とにかく解剖学や運動学が苦手でした。
リハビリの勉強会だと、どうしても解剖運動学を通り越して
疾患に特化した理学療法についての講義が多いので
とにかく基礎を勉強し直したかったです。

 

Q3.実際に参加してみての感想(勉強会の雰囲気など)や勉強会で学んだ内容で実際の現場で活用出来た事など教えてください

雰囲気はすごくアットホームな感じで、実技も多く楽しく学べました。
また色々な職種の方が参加しているので
職種を超えて情報を共有できるので「こういう人もいるんだー、こういう考えの人もいるんだー」
ってものすごく新鮮でした。
あとピラティスをやっている方とかトレーナーとして
働いてる方のフィードバック術、勉強になりました‼︎

またアライメントなど細かく見る努力をするようになりました。
同時進行で数人のリハビリを行うので、1人の方に時間を多く取ることはできませんが
それでもその限られた中で評価していけるよう意識するようになりました。
例えばブリッジとかでも、ただ自主練としてやってもらうのではなく
足の位置や殿部の上がり方など必要に応じて本人に伝えながら
目的に沿った方法で行ってもらえるよう調整するようになりました。

 

Q4.大岩俊貴とはどんな人物でしょうか?

講師感を強く出さない所が魅力だと思います。
偉ぶることなく丁寧に教えてくださるので、たくさん質問しやすいですし
何回も勉強会参加したくなります(o^^o)
参加者がみんな仲良くなっていくのは、大岩さんの人柄の良さが大きいと思いますー

 

Q5.どんな人におすすめでしょうか?

大岩さんからも他の参加者の方からもものすごく良い刺激を受けるので
どんな人にもおすすめだと思いますが、仕事内容がマンネリ化してしまっている人や
思ったような効果が出せなくて悩んでいる人には特におすすめじゃないかなーと思いました。

©2019 Masterpiece Body Room

ユーザーの資格情報を使用してログイン

あなたの詳細を忘れましたか?